電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士とは?

1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士では試験の難度以上に価値に差が出てきます、電気工事施工管理技士とは、施工計画、施工図の作成、工程管理、安全管理など施工時の管理をするために必要な資格です。近年の電気設備工事の施工技術の高度化、専門化、多様化が一段と進展している事から、電気工事の適性かつ円滑な施工を行なう施工管理技術者の技術向上を図ることを目的として国土交通省が定める国家資格です。

電気工事施工管理技士の仕事とは?

設業許可事務のOA化により、施工管理技士(専任の技術者、主任技術者)の重複申請が厳重にチェックされています。電気工事を行う場合は、施工日程や工事の計画や施工図の作成、工事の工程・品質・安全の管理が必要です。こうしたあらゆる工程を管理するのが電気工事施工管理技士の仕事です。電気工事施工管理技士は電気工事の施工を行う際の工事計画や施工図の作成などに従事する専門家で、電気工事の管理・監督する上級技術者です。従事できる職務の範囲が級ごとに異なっています。

1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士の違い

  • 1級電気工事施工管理技士の受験資格さえあれば、2級電気工事施工管理技士をパスして1級電気工事施工管理技士が狙えます。
  • 1級電気工事施工管理技士の方が、大きな工事現場の受け持ちが出来ます。
  • 1級電気工事施工管理技士の方が、建設業者としての評価点が高くなり

電気工事施工管理技士の認定試験

電気工事施工管理とは、「施工計画・施工図の作成」「工程管理」「品質管理」「安全管理」など、施工管理を的確に行うために必要な技術を規定しています。電気工事施工管理を的確に行うためには電気工学の基礎知識・施工管理法・電気法規を習得することが不可欠であり、この資格を受験・取得することにより高い技術力を持つことが国に認定されます。

1級電気工事施工管理技士の認定試験

1級電気工事施工管理技士は、建設業法における営業所ごとに置く電気工事業の一般建設業・特定建設業の許可基準のひとつである専任の技術者および工事現場ごとに置く管理技術者、主任技術者として認められます。また、建設業の経営事項審査の技術力評点にカウントされるなど、数多くのメリットがあります。取得することにより、一般建設業や特定建設業における営業所に置く専任技術者や、建設費工事現場に置く主任技術者・監理技術者として認められます。

合格者のみが受けられる「監理技術者」

建設業界では、「監理技術者」は公必要不可欠な存在です。難関資格ですが、合格者は講習と試験を通過すれば「監理技術者」の認定を受ける事ができます。資格と併せて取得をしておけば、転職時に有用な資格となります。 監理技術者とは、建設業法の規定によって、発注者から直接請け負い、下請金額が3000万円(建築一式工事の場合は4500万円)以上となる現場に配置しなければならない技術者です。主に建築工事を掌握する「建築施工管理」、給排水衛生・空調工事を掌握する「管工事施工管理」、電気工事を掌握する「電気工事施工管理」などがあります。国や地方公共団体等が発注する公共工事においては、監理技術者は現場ごとに選任され『監理技術者資格証』の携帯が義務付けられています。国土交通大臣が建設業法第27条の2に基ずいて行なう技術検定試験です。

取得難易度

長期の実務経験が受験資格にあるため門戸が狭いといえます。学科と実地試験があり、合格率は20%前後と難関です。

仕事内容と年収

電気工事の施工計画の作成、工事の工程管理、品質・安全管理等の業務を行います。電気工事業界では営業所ごとに主任技術者・管理技術者をおくことが定められており、ニーズが多く、給与、昇給、転職にも大変有利です。平均年収は450万円(賞与込)です。建設業界では必要不可欠な資格であり、転職には有利となりますよ(´∀`)

2級電気工事施工管理技士の認定試験

一般建設業では、発注者から直接請け負う金額が、電気工事1件につき3,000万円を超えない金額の下請契約を結ぶことができます。2級電気工事施工管理技士は、一般建設業の営業所における専任技術者・主任技術者になることができる国家資格です。3,000万円以上の下請契約を結ぶ場合、特定建設業の許可が必要となります。ただし、発注者から3,000万円を超える大規模工事を請け負った場合でも、自社で直接施工することで下請契約の総額を3,000万円未満に抑えることができるなら、一般建設業の許可でも大丈夫です。

取得難易度

長期の実務経験が受験資格にあるため門戸が狭いといえます。学科と実地試験があり、合格率は20%前後と難関です。

電気工事施工管理技士の試験概要

電気工事施工管理技士の試験についてもう少し詳細をご案内します(´∀`)

試験科目

学科試験と実地試験があります。学科試験科目は、1級・2級ともに電気工学等、施工管理法、法規の3科目で、実地試験科目は、施工管理法に関する筆記試験のみです。

学科(1級、2級)

  • 電気工学
  • 施工管理法
  • 法規

試験日程

1級

  • 学科・・・・6月上旬頃
  • 実地・・・・10月中旬頃

2級

  • 11月上旬頃

受験地

1級(学科・実地)

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

2級

札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、沖縄

受験料

1級

  • 学科・・・・11,800円
  • 実地・・・・11,800円

2級

  • 11,800円(学科のみ:5,900円、実地のみ:5,900円)

合格率

1級・・・
電気工事施工管理技士受験資格に「指導監督的実務経験」が含まれていて、十分な現場経験がある方が受験している為、1級電気工事施工管理技士試験では、実地試験の方が学科試験より合格率が高くなっています。
2級・・・
2級電気工事施工管理技士の実地試験においても現場経験を重要視する傾向が出て来た為に、電気工事施工管理技士試験の最近の傾向は、学科試験の方が実地試験より合格率が高くなっています。