電気工事施工管理技士の受験資格

電気工事施工管理技士の受験資格【1級】

「指導監督的実務経験が1年以上」あれば電気工事施工管理技士の受験が可能です。もっと簡単にいうと、現場代理人、主任技術者などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を指導監督的実務経験を1年以上含むことが必要ということです(^Д^)

1級電気工事施工管理技士の受験資格

1級の電気工事施工管理技士の受験資格は前述の「指導監督的実務経験が1年以上」の他には、下記のものがあります。

  • 電気事業法による第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付者は、6年以上の実務経験
  • 電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付者は、0年の実務経験
  • 1級電気工事施工管理技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者
  • 技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気・電子部門または建設部門とするものに合格した者で1級電気工事施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者
  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
  • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
  • その他の者は14年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
  • その他の者は15年以上の実務経験

専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合

  • 2級電気工事施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
  • その他の者は13年以上の実務経験

電気工事施工管理技士の受験資格【2級】

実務経験年数が1級受験に満たない場合や、「指導監督的実務経験」が1年未満の場合は、2級電気工事施工管理技士からスタートします。2級の場合は、実務経験年数に「指導監督的実務経験」が必要ありません。

2級電気工事施工管理技士の受験資格

2級電気工事施工管理技士の学科・実地同時受験資格は、下記の通りとなります。

  • 2級電気工事施工管理技技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者
  • 電気事業法による第一種、第二種、第三種電気主任技術者免状の交付者は、1年以上の実務経験
  • 電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付者は、0年の実務経験
  • 電気工事士法による第二種電気工事士免状の交付者は、1年の実務経験
  • 技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気・電子部門または建設部門とするものに合格した者で2級電気工事施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者
  • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
  • その他の者は8年以上の実務経験