電気工事士の年収

電気工事士の年収はどれくらい?

いざ、電気工事士の資格をとると、どのくらいの給料や年収を得ることができるのでしょうか?気になるポイントですよね。「電気工事士としての給与はそれほど高くない!」と言った不満をきくことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

経験がものをいう

いくら電気工事士の資格があっても実務経験がなければ、給料や初任給はそう高くはないようです。ただし、特に電気工事士の資格が必要な電気工事関係では電気工事士の資格がある人を積極的に採用していますので、正社員の職を得ることが難しい現代の社会では手に職を持った方が有利であることは間違いないでしょう。

第1種電気工事士と第2種電気工事士の年収

第1種電気工事士と第2種電気工事士の年収では当然のごとく差がでてきます。第1種電気工事士免許を持っている人は、第2種電気工事士を持っている人より活躍できる現場も多いですし、経験年数も長いので当然給与も変わってくるでしょう。様々な会社の求人票を見ていると、月給が10数万円の求人もあれば、年収で700~800万円以上の求人までありますが、大体の第1種電気工事士の平均年収の目安は520万円以上です。そして第2種電気工事士の年収の目安は、350万から450万円と言われています。在籍している会社が主に取扱う現場の種類によっても、売上、利益が変わり、結果として給与も変わってきます。ですので、「一概には言えない」というのは実のところかもしれません。

年収アップのポイントは?

電気工事士として、収入アップを目指すのであれば、それにふさわしい経験・資格・スキルを身につける必要があります。

ポイント(1)資格
まずは第2種電気工事士を所得しましょう。その後、第1種電気工事士を目指しましょう。第1種電気工事士を取ったならば、更にステップアップして「電気工事施工管理技士」を目指しましょう。積算から図面作成、工程表管理まで出来るようになれば、経営者の右腕として活躍できるはずです。そのために、例えばCADを使えるようになることもかなりのアピールポイントになります。
ポイント(2)経験
資格を持っていたならば、これはまず一番大切でしょう。何が出来るのかを問われた時に、 「これはできます」「こんなことを○年以上やってきました」と言えるような経験が強みになり、電気工事士としての価値が高まります。
ポイント(3)転職をする
今勤めている会社より、より良い条件の会社がありかもしれません。転職と聞くと、「職を転々とする」という悪いイメージではなく、自らの電気工事士としての能力を高められる場所を提供してくれる会社を選ぶということです。

年収をアップさせるためのまとめ

電気工事士として、電気業界に長く従事し、関連する仕事を習得していき、更に第一種電気工事士の資格など取得してステップアップをしていけば、それと比例して収入もアップしていく業種です。どちらにしろ、まずは第2種電気工事士の資格を取得することが、価値があると言えるでしょう☆

電気工事士に向いている人

電気の理論を学ぶにあたっては、電流、電圧、抵抗、電力などの計算式を覚える必要がありますので、数字に強い人は向いているかもしれません。他にも、電気機械を扱うため、手先が器用なことが大切です。また、感電事故を起こさないためにも、慎重な性格の人が向いているでしょう。他にも更に、体力が挙げられます。一日に何件も仕事をしなければならない日もあるので、集中力を必要とされる仕事をこなせる体力というのは必要です。また、顧客との打ち合わせや他の技術者との相談は頻繁にあるので、コミュニケーション能力が挙げられます。周囲と強調して仕事ができる人は必要です。なによりも、電気の魅力にひかれ、あるいは興味あるという人。このような人は、一番電気工事士に向いていると思います。

電気工事士の主な職場

電気工事士として活躍しようと思った場合、まず電気工事店に就職し、コンセントの増設・配線作業・照明器具の設置などの現場を経験しながら、第2種電気工事士を取得する人が多いようです。そして知識と技術が身に付けば、一人で仕事を任せられるようになり、その後独立して自分の店を持つ人も多くいます。

具体的な活躍の場

電気工事店以外の活躍の場はどこが思い浮かびますか?電気工事士という名前から、電気工事が行われる場所で働くといったことは用意に思いつくと思いますが、具体的にはどういったところがあるのでしょうか?やはり電気が必要とされる業界が挙げられます。

  • 電力会社
  • 鉄道会社
  • 大手家電量販店など
  • 電気工務店
  • 建築業
  • ビルメンテナンス業
  • インテリア業
  • リフォーム業

このように、電気工事士は実に様々な場所で活躍することができます。例えば、家電量販店でエアコンを購入するとエアコン設置の際にコンセントの付け替え工事が発生することがあるので、電気工事士の資格が必要です。このようなことから、家電量販店から委託を受けている配送業者や電気工務店などに働いている電気工事士も多くいます。

電気工事士の資格を取ろう

建物の電気工事に欠陥があると、感電や漏電火災や災害などの事故が起こる可能性があって大変危険です。その為、電気工事士の資格がないと電気工事を行うことはできません。安全な電気工事を行うために、正しい知識と技能を持つ電気工事士が施工することが、法令によって義務付けられているのです。第1種電気工事士も第2種電気工事士も受験資格は特にありませんのでどちらからでも受けることができますが、第1種電気工事士に受かっても実務経験が5年以上ないと免状が交付されないので、やはり最初は第2種電気工事士からの受験をお勧めします。他にも電気工事士の仕事は多岐に渡るため、数多くの資格を取っていた方が仕事の幅を広げられますよ(^ω^)